葬儀のお悩みを解決
2019年3月12日 現代のライフスタイルとマッチした家族葬

現代のライフスタイルとマッチした家族葬

これまで多くの葬儀は中規模から大規模のものでした。

家族や親族をはじめとして故人の親しかった人々やお世話になった人、会社関係の人やご近所の人など数多くの人が参列していました。しかしながら次第に中規模から小規模な葬儀が増えてきて、現在では小規模な葬儀がかなり増えています。家族や親族などごく親しい人のみが参列する小規模な葬儀は家族葬と呼ばれています。家族葬は現代のライフスタイルにマッチしていると言えます。

なぜなら高齢化が進む現代では故人の友人や知人、関係者も高齢で参列できず大きな規模では行うことができないからという理由があります。他にも医療技術の進歩により手厚い医療が受けられるようになったが、それだけ費用が必要となり葬儀まで高額な費用をかけることができないという理由やしっかりとした葬儀を行いたいが家族や親族を含め故人の親しかった人も遠方で大勢は参加できないという理由が挙げられます。しかし、家族葬は消極的な理由から行うばかりではありません。

家族葬であればごく親しい人のみが故人のことを偲び、最期のお別れのときを落ち着いて過ごすことができます。大勢が参加する葬儀では気を遣う必要があるため満足のいくお見送りができないこともありますが、家族や親族のみであればそのような心配がないのです。このように家族葬は現代のライフスタイルとマッチした葬儀方法だと言えますので、葬儀の種類を決める際には検討してみると良いでしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *