葬儀のお悩みを解決
2019年3月21日 各葬儀社が設定する家族葬

各葬儀社が設定する家族葬

家族葬は、現在、葬儀の主流に変わりつつある状況です。

出版社による平成26年の調査によると、従来型の葬儀は42%で、家族葬は32%を占めるまでになっています。直葬も増えています。二十年ほど前までは、従来型の葬儀が大半でしたから、短い期間で葬儀の形態は大きくさま変わりしました。この変化を促したのは、インターネットの普及でしょう。葬儀はたいへん費用がかかるものであるにもかかわらず、インターネットが普及する前は、比較検討する手段がありませんでした。

チラシ広告が頻繁にあるわけでもなく、葬儀はそうめったにおこなうことではありませんから、吟味して選択するということもしづらい状況でした。比較検討も吟味もされなければ、人々の需要に合わせることより、病院に食い込んだり、互助会セールスをしたりすることに力が注がれやすくなるでしょう。人々は積極的に比較検討する道が事実上なかったため、目の前に用意されている方法を用いること以外なかった面がありそうです。

しかし、今やインターネットで検索すれば、30分程度で葬儀の全体像を把握し、葬儀形態や葬儀社を比較検討して吟味し、選択することが可能になっています。比較検討を経て選ばれるのが多くの場合、家族葬であったからでしょう。現在ではほとんどの葬儀社が、家族葬のプランを設定しています。葬儀の必要性が生じてからでも、インターネットでならごく短時間で探せますので、比較検討して決めることが望まれます。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *