葬儀のお悩みを解決
2019年3月24日 家族葬にするという選択

家族葬にするという選択

若い世代で急死するといった場合は別として、リタイアした後や、長い闘病の後であったら、家族葬にするという選択も、遺族が望むものであるようです。

著名人の葬儀が家族葬でおこなわれたという報道を聞いて、羨ましがっていた人は多そうです。インターネットが普及する前は、家族葬という形態があるということをたとえ認識していても、どうやっておこなえばいいのかわからなかったために、諦めていた人もいるでしょう。葬儀をおこなうことになった喪主に、方法がわからないことに取り組む余裕はありません。

しかし、現在ではインターネットで検索すれば、三十分程度で葬儀事情がわかり、葬儀形態や葬儀社の選択も可能になっています。このため、葬儀を前にした多忙な状況でも、一から葬儀について把握し、選択することができます。むしろ、インターネットで検索することなしに決めてしまうというのは、懸念されることとも言えます。そうした決め方をして、葬儀の後に後悔してきたケースは多く、インターネットが普及する前は、葬儀費用の不透明さなどがいろいろ問題になっていました。

高額な費用がかかることですし、滅多にあることではないですから、吟味したうえで選ぶのは当然のことです。選択する方法がなかった以前なら、吟味するのには丸1日以上かかったでしょうが、現在は三十分もあればできることです。省くべきではないでしょう。現在は各社が、需要の多い家族葬のプランを設定しています。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *