葬儀のお悩みを解決
2019年4月3日 把握しておきたい葬儀を行う際の準備

把握しておきたい葬儀を行う際の準備

葬儀を執り行うにあたり、色々と決めておく必要があります。

真っ先に決めなければならないのは喪主です。喪主というのは葬儀における代表者と言える人で、この役目を誰にするか決めないことには始まりません。原則としては故人との関係性が濃い順となっており、配偶者、長男、次男、子供に男子がいない場合には長女、次女という順番になります。この後に行われていく法要などでも施主としての役目があるので、とても大事な役回りとなります。葬儀の規模や費用も事前に下準備しておくことをおすすめします。

盛大に行うことがいいとされていた時代から、身の丈に合った無理のない葬儀を行う時代に変わっているため、どういう規模で行い、費用がどれくらいのものか、その相場は知っておいて損はありません。葬儀社の言い値でやってしまうと後で後悔することになりますので把握しておくようにしましょう。お葬式を行う日程などもこの時決まる形になります。お葬式が始まると、遺族が実際に葬式を運営していくわけにはいかず、第3者にその運営を任せることになります。

この人のことを世話人と言いますが、この世話人を誰にお願いするかもできる限り早い段階で決めておきましょう。故人と関係の深い人にお願いするのが通例となっており、色々とやることの多い世話人という任務をこなせる人にお願いしましょう。他にも受付の係や料理などを準備する係なども必要になってくるので、世話人の下、行ってもらうようにしましょう。こうした準備をしておくことで、慌てずに対応することができます。
船橋の葬儀のことならこちら

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *