葬儀のお悩みを解決
2019年4月18日 知ってないと損をする葬儀業界の料金システム

知ってないと損をする葬儀業界の料金システム

葬儀費用の全国平均額は約200万円と言われております。

種類にもよりますが、最近では、料金が14万円代で葬儀ができる会社もあります。葬儀一式費用・寺院費用・接待飲食費用の3つを合わせての料金となります。葬儀の料金が上がるケースは、警察・病院で紹介された葬儀会社に任せたりたりすることです。突然のことで、紹介されるがまま契約をしてしまうケースが多いですが、他社と比べて契約を検討したほうが良いです。

次に、葬式の質を上げたり、参列者が多いと必然的に費用があがってしまいます。葬式費用は内訳がわかりにくく、気づいたときには高額になっていた、というケースが多々あります。広告で安く宣伝している会社に依頼しても、「広告の倍の費用がかかってしまった…」「勧められるがままに加算していってしまった」といった具合です。悪質な会社も確かにありますが、有名な会社に依頼しても、インターネットやパンフレットで掲載されていた金額ではなく、それ以上に高くなってしまうこともあります。

見積書を取り寄せて、内訳を確認してみましょう。必要な物が含まれずオプションで足さす仕様になっているところもあります。総額ではなく、内訳を調べて、依頼する会社を定めましょう。やり直しがきかない大切なお葬式なので、後悔がなく損もしない方法を選択肢、実行することが大切です。総額の比較や担当の対応、チラシ、広告にだまされず、見積もりで判断したほうが良いです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *