葬儀のお悩みを解決
2019年4月21日 お葬式のあり方は生前からじっくりと考えるのが理想的

お葬式のあり方は生前からじっくりと考えるのが理想的

通常、人は誰か身近な人が亡くなってから哀しみに浸る暇もなく、すぐさまお葬式の準備を始めます。

喪主にのしかかるプレッシャーも大きく、亡くなった後には短時間のうちに今後の方針を固め、葬儀会社に依頼の電話をかけなければなりません。もしもそこが病院や介護施設であれば、その日のうちにご遺体を移動させなければならない場合も多く、その際には当時の夜までにご遺体の搬送の準備が必要です。こういった時でもまずは葬儀会社に一報すればすぐに駆けつけてくれる場合もありますが、スケジュールによっては待たされてしまうケースも少なくありません。

このようにお葬式はその着手する段階から数々の手順や決定に迫られるもの。その点、これらの負担をできるだけ分散し、軽減するためにも、生前のうちに多くの事柄を家族と話し合っておき、信頼できる葬儀会社を見定め、なおかつ自分が心からそうしたいと思えるお葬式となるように式次第やスタイルまでを取り決めておく人が増えています。これらは就活ならぬ終活とも言われる身じまいの作法としても高齢者の間で注目を集めているもの。

現実的にも生前の方が時間はたっぷりとありますし、様々な事例や可能性を確認したり、予算を検討することも可能です。もちろん葬儀会社などでもこれらの終活に関するセミナーを数多く実施していますので、いざという時にはどういった手順で手続きを進めると良いのか、事前にどの程度まで取り決めを行っておくと便利なのかのアドバイスを受けることもできます。こういった考え方を貫くことによって、遺族の負担を減らし、なおかつ自分自身が心から望むお葬式を執り行うことができることでしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *