葬儀のお悩みを解決
2019年6月12日 西宮でも葬儀はいくつかタイプがある

西宮でも葬儀はいくつかタイプがある

葬儀にはいろいろなタイプのものがあります。

最近人気がある家族葬、一般葬、一日葬などです。これは西宮などでも同じで、葬儀は遺族が故人の希望にそって行うか、もしくは遺族が考えて決めることができます。西宮でも葬儀会社があります。事前に西宮で行っている葬儀会社で希望にそったお葬式をしてもらうことができるように探しておくというのもいいかもしれないです。お葬式のなかでも家族葬は、最近とても人気があり、選ばれることが多いタイプのものだといえます。

家族葬は、その言葉通り、家族だけで行うことができるお葬式です。家族だけではなく、故人とゆかりがある親しい人に参列してもらうことも可能です。遺族が決めることができるので、あらかじめどのくらいの人数にするのか、遺族だけなのか、知り合いに参列をお願いするのか、などを考えておくといいです。一日葬は、亡くなってから一日でお葬式などを済ませてしまう、というイメージがありますが、それは違います。

一日葬とは、亡くなった方の希望に合わせて、もしくは遺族がお葬式やお通夜などを一日だけで行うことができる、ということです。一般葬というのは、よく行われる一般的なお葬式のことで、たくさんの方が参列して故人をしのび、遺族と一緒に最期をみおくるというものです。都心ではあまり選択されることが少なくなってきました。2日間かけて行われるお通夜とお葬式は遺族がゆっくりと故人をみおくることがなかなかできないというデメリットがありますが、お世話になった方々と最期のお別れができるということで選ばれることがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *