葬儀のお悩みを解決
2019年6月24日 西宮の葬儀は複数のスタイルがある

西宮の葬儀は複数のスタイルがある

西宮の葬儀会社では、いくつかのお葬式のスタイルのなかからご遺族が選ぶことができます。

葬儀の種類は、直葬、一日葬、家族葬、そして一般葬の4種類が主に選ばれることが多いです。西宮の葬儀会社以外の地方でも同じく、この4種類のスタイルが選ばれることが多く、ご遺族の希望にそったスタイルのお葬式を行うことができるといいます。たとえば、直葬というのは、故人が亡くなってすぐに火葬場へ運び、火葬をしてしまう、というスタイルです。このスタイルのお葬式を選ぶ理由で多いのは、後日、改めてお葬式を行うという場合です。

一日葬は、一日でお葬式などを終わらせる、という意味で、亡くなってすぐに一日でお通夜からお葬式までを行ってしまう、という意味ではないです。もちろん、そうすることも可能ではあります。たとえば、仏滅や友引などを避けて、一日で葬儀を執り行ってしまう、ということも可能です。家族葬は、言葉通り、家族であるご遺族だけで執り行うお葬式のことです。

もちろん、ご遺族や故人の希望で参列していただく人数を決めることができますが、だいたいの場合は、ご遺族と親しい人だけ、という場合が多いです。家族葬は都心を中心に選ばれることが多く、西宮でも選ばれることがよくあります。ゆっくりとご遺族が故人をみおくる時間や思い出などを話す時間を作ることができるので、たくさんの人に選ばれています。葬儀にはいろいろな形のものがありますが、故人を偲び、みおくりたいという思いで選ばれています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *