ハイヤー乗務員に本採用されるまで

subpage01

ハイヤーの主な仕事は会社の社長や役員などの送迎に使われるものです。社会的に立場の高い方々を相手にするため、運行中に事故を起こしたり失礼な接客をしてしまうととても大きな問題になってしまいます。ハイヤーの運転手に採用されるためには、高い運転技術と接客接遇が必要になります。
大手ハイヤー会社では合格率20%の採用率であり、この運転技術と接客接遇が厳しくチェックされています。入社後から本採用になるまでの流れを見ていきましょう。
まず普通二種免許の取得が必要なので、会社と提携している教習所に通うことになります。

ハイヤーの採用の専門サイトのこちらです。

教習費用は会社が負担します。



ただし入社後2年で辞めると教習費用を支払わなければならないとといったペナルティがあるので注意が必要です。


およそ2週間で普通二種免許は取得できます。

会社に戻ってからはハイヤー乗務員としてのスキルを得るための研修を受けます。



接客に関しては、基本的な心構えとクレーム事例から気をつけるべきポイントを学びます。


お客様が車両に乗降されるとき乗務員はドアサービスを行ないます。

乗車から降車までの流れをロールプレイします。

運転に関しては、乗務員の経験がある教官が実際に運転をしてみせて注意するポイントなどを教えます。


車内で安心してご乗車いただくために丁寧にアクセルとブレーキ操作を行います。またドライブレコーダーに記録された事故事例を見て、乗務員同士がどのように運転すれば事故が防げたかなどディスカッションする研修も行います。

ハイヤーの乗務員の特徴紹介

subpage02

ハイヤーの運転手として採用されたいと考えているのであれば、いくつか気をつけなければならない点が存在しています。その注意ポイントの1つが、募集内容をよく確認するという点です。...

NEXT

ハイヤーの乗務員のみんなの常識

subpage03

ハイヤー会社に就職しようと考えた場合、必要となるのが普通自動車第二種免許です。これがなければ、タクシーはともかくとしてハイヤーも運転する事もできません。...

NEXT

ハイヤーの乗務員の納得の事実

subpage04

ハイヤーの乗務員として採用されるには、二種類方法があります。まず、二種免許を持っているかどうかです。...

NEXT

知りたいハイヤーの乗務員事情

subpage04

ハイヤーの採用試験を受ける際には、その仕事内容や必要なスキルについて十分に確認しておくことが大切です。この仕事は自動車の運転が中心となる仕事ではありますが、最近では要求されるスキルや仕事の内容が以前とは大きく変化しているためこれに対応する能力をしっかりと把握し習得しておくことが必要です。...

NEXT