ハイヤー会社に採用されるためには

subpage01

ハイヤー会社に就職しようと考えた場合、必要となるのが普通自動車第二種免許です。
これがなければ、タクシーはともかくとしてハイヤーも運転する事もできません。

これは、旅客事業者であり法律で定められているからです。


既に二種免許を持っている人であれば、即採用になる事があります。


持っていない人は、入社後に会社が立て替える感じで二種免許を取得する事になります。
そして、晴れて取得できたとしても直ぐに乗務開始とはなりません。

取得後は、社内研修がありそれを全て修了して、ようやく晴れて乗務開始となります。
つまり、二種免許が無い人は採用されても、一人で乗務開始するまで結構な日数がかかってしまいます。
また、タクシーもハイヤーも自分の営業エリア内の道路事情は把握しておかなければなりません。

ハイヤーの採用に関する情報満載です。

それは、突発的な道路工事で迂回しなければならないときに、抜け道を知らなければ乗客を正確な時間で送り届ける事ができません。

抜け道を知っていれば正確に乗客を送り届ける事が出来ません。



採用されても、覚えなければならないことがたくさんあります。


また、ハイヤーは乗客から乗車依頼があって初めて仕事ができますので、きめ細やかな心遣いもしなければなりません。



つまり、ハイヤーの乗務員はドライバー職というよりサービス職という言葉が当てはまる仕事であるといえます。
自分の頑張り次第では稼げる仕事ですので、運転好きでサービス職に慣れている人には向いている仕事です。