ハイヤー会社に採用されるには

subpage01

ハイヤーの乗務員として採用されるには、二種類方法があります。


まず、二種免許を持っているかどうかです。
この仕事は乗客からお金を徴収する運送事業ですので、必然的に必要となり、これはタクシードライバーも同様です。

そのため、二種免許が持っている人が面接に行った場合は採用される確率がかなり高いです。


では、持っていない人の場合はどうするかとなります。

ハイヤーの採用が勢いに乗っています。

ハイヤーは乗客を運ぶという事は、他人の命を預かると考えることになります。そうなれば、運転がうまいという点もありますが、無事故無違反のウエイトも高くなります。



そこで、免許センターが発行している過去の無事故無違反の履歴を面接時に持参していくという手があります。



面接時に履歴書と職務経歴書と免許所と一緒に、これを提示して自分はここまで無事故無違反ですとアピールすれば、採用される確率は少なからずあります。そして、採用後に改めて二種免許を会社負担ですることになり、取得後は社内研修があり、社内研修後に晴れてハイヤー乗務員として乗務開始となります。

あとは、安全に乗客を出発地点から目的地まで送り届ける事になりますが、道路状況を覚えておかなければなりませんし、業務で使用している車両は常にきれいにしておかなければならないとか、いろいろな所で気配りしなければならないのもハイヤー乗務員の仕事といえます。

ただ、自分の頑張り次第では結構稼げる仕事ですので、運転が好きで気配り上手な人には向いている仕事かもしれません。